未分類

浮気調査で夫の社内不倫を知った妻の慰謝料の事情

夫の社内不倫が発覚した場合慰謝料っていうのは、相手サイドと交渉を続けながら確定させるのが常識なので、費用と得られるものとのバランスによって、依頼してみたい弁護士への相談を検討するのも悪くありません。

・夫に対して慰謝料を取る
・夫の浮気相手に対して慰謝料を取る

この2つです。けど浮気相手が既婚者の場合はあいてから請求される事もあるので両者引き分けになる可能性があります。その場合は夫からのみ慰謝料を取る可能性が高くなるでしょう。

不貞行為である浮気や不倫相手を特定して、心的苦痛への慰謝料の支払い請求に踏み切るケースが少なくなくなってきました。妻が夫に浮気された案件ですと、浮気・不倫した相手の女性に対して「慰謝料を払うよう要求するのが普通」という考え方が主流になっているようです。

プロの探偵に仕事をしてもらうことになっちゃうのは、人生の中でたった一回きりという感じの人が大半でしょう。探偵にお任せしたいという場合、とりあえず知っておきたいのは料金に関することです。

本当に依頼したら必要になる自分のケースのはっきりとした料金を教えて欲しいところですが、探偵の調査料金等の詳細というのは、依頼ごとに見積書を作らない限り何とも言えないものなのです。

社内不倫が発展して離婚を検討中で素行調査を依頼されるケースも結構多く、間女の日常の言動や生活パターンの調査だって、以前とは違って少なくありません。1日につき調査料金10万以上20万円以下くらいが一般的な相場です。

慰謝料を相手に請求するタイミングっていうのは、不倫していることが露見した会社や離婚することを決めた際しかないなんてことはありません。実際のカップルで、支払われるはずの慰謝料の支払いを離婚後しなくなるという話もあるわけです。

配偶者が浮気している人物に対して、慰謝料などの損害を請求を行う方を見かけることが多くなっています。なかでも妻が夫に不倫や浮気をされた時ですと、夫の浮気相手に「どんなことがあっても請求するべき!」という世論が主流です。
離婚相談のためにやってくる妻の離婚原因でナンバーワンだったのは、「夫の浮気が発覚した」でした。つい最近まで、自分とは関係ないことだと信じていた妻が少なくなく、夫の不倫という事実を突きつけられて、「嘘でしょ?」という気持ちと怒りが爆発しています。